入門者大募集中


このサイトでは、武神館福井支部の活動を紹介します。興味をもたれたら、ご一報ください。
日本古来の伝統武芸を一緒に稽古しましょう。入門者大募集中。
見学/体験入門大歓迎。

2017年4月20日木曜日

5月の稽古の予定

見学、体験入門を歓迎します。

2017年4月19日水曜日

稽古の記録 2017-04-19

T さん、K さん、S さんが参加してくれた。

T さん、K さんが負傷の影響で受身が難しいということで、厳岩や夢枕など投げ技の稽古を考えていたが、急遽、相手を倒さないですむような稽古メニューに組み替えた。

たとえ、万全でなくとも稽古に参加する気概はご立派。

半棒は、3/25の復習と無念無想の構えからの突き、突き振り胴、突き返し。この内容はこれぐらいにして、新しいないように移ろう。

体術は、3/25に教わった手刀打ち。次回も、手刀を効かせる、ということをテーマに稽古してみようと思う。

2017年4月10日月曜日

稽古の記録 2017-04-09

桜が咲いた。しかし、前日とは打って変わって風が強く寒い日であった。寒暖の差が激しく、唇からヘルペスが湧き出てくる。

T さん、K さん、S さんが参加してくれた。
T さんは腰を痛めて見学となった。休んで安静にしても良さそうだが、わざわざ見学のためだけにこられるのはご立派。志の高さに頭がさがる。
本当は動きたいのだろう。手だけが動いている。早期の回復を願っている。

S さんがだいぶ体が柔らかくなった。宗家が毎日柔軟体操をするようにと言っている動画をみて、励むようにしているとのこと。その愚直さが飛躍につながると思う。

最初の基本のルーチンで汗が滴り落ちるようになった。ついこの間まで寒さに凍えていたのに。

まずは、半棒を稽古した。先日の京都での合同稽古で教わった技を復習した。その後、無念無想の構からの突きを稽古した。

体術は、これまた先日の京都での合同稽古で教わった厳岩を稽古した。ただでさえ容易ではない厳岩、さらに微妙な動作を紛れ込ませるのに四苦八苦した。

最後に、九鬼神伝流 夢枕。

少々、過多な内容で消化を待たずに次の課題に行きすぎたように感じたが、次の稽古でもかなりの部分を再度行うのでイメージトレーニングに励んでほしい。

2017年4月7日金曜日

本部道場での稽古の記録 4/1,2

4/1, 2 に二日に渡って本部道場の稽古に参加してきた。

金曜日の夜に夜行バスで旅立つのが恒例であるが、いまだに夜行バスで熟睡できない。
まず、4/1 AM は石塚道場に赴いた。玉虎流を二手、虎倒流を一手。

次に、本部道場にて染谷先生の稽古に参加した。刀の基本所作、忍者刀の技を稽古した。

4/2 AM には野口先生の稽古に参加した。九鬼神伝流の体術を稽古した。毎度のことながら、バンバン繰り出される変化に消化不良を起こす。

その後、宗家の稽古に参加した。染谷道場の先輩である河俣師範が相手をしてくれた。未だ、宗家のやることにはさっぱり対応できないが、河俣師範と組めばいくらか噛み砕いてくれるのでありがたい。

その後、師範の集まりである士道師会に参加した。4/2 は高松先生の命日であるとのこと。宗家はまだまだ元気であった。

2017年3月29日水曜日

合同稽古の記録 2017-03-25

三橋道場主催の、野田から石塚先生を招いての合同稽古が京都の武道センターで行われた。もっぱら関西圏の武神館のメンバーが集まったが、果ては沖縄、愛媛からも人が集まった。とはいっても、せいぜい20数名だか、それでも確実なアクティビティーがあることを喜びたい。

福井からは自分とT さん、S さんが参加した。良い刺激になればと思う。

3時間の間に、半棒術三手、体術三手を稽古した。いつも石塚先生の稽古は、新たな視点ともに忘れかけていたことを掘り起こしてもらえるので、大変ためになる。

そのあと、先斗町で懇親会が開かれた。自分はその日のうちに帰らなければならず、1次会のみの参加であったが、かな〜り遅くまで盛り上がったご様子。次の機会には、万難を排して参加したい。

2017年3月22日水曜日

4月の稽古の予定

1,2 の週末は自分が本部道場に稽古に行くのでお休みします。
見学、体験入門を歓迎します。

2017年3月19日日曜日

稽古の記録 2017-03-19

M さん、S さん、そして久しぶりに K さんが参加してくれた。忙しい中、たとえ頻度が少なくとも時間を作って稽古に参加してくれることをありがたく思う。

まずは、先週の半棒術の復習をおこなった。すなわち、流捕、顔砕き。新メニューとして突き返し。

体術は、恒例の飛倒から始めた。K さんの提案でマットを敷いて行った。意外と受身が難しいようで、S さんは毎度、尾骶骨を打っていたとのこと。マットを引いたら思い切って飛び上がれるようで、明確な上達がみられた。

その後、夢枕を稽古した。この中で出てくる手枕は特徴的な技なので、覚えておいてほしい。